わきが・多汗症の切らない治療|福岡博多駅前通中央クリニック

手の平・足の裏の多汗症

手や足の汗・多汗症のお悩みにビューホット治療

手や足の汗のお悩み
手の平や足の裏の汗止め治療に「ボトックス注射」を行っているクリニックは多いのですが、ボトックス注射の治療に永久的な効果はなく、あくまでも一時的な処置であります。
その為、手や足の汗でお悩みの方にとっては、日常生活を送る上で経済的・精神的負担も大きく、大きなストレスになってしまいます。

福岡博多駅前通中央クリニックでは、手の平や足の裏の汗治療を専門的に行っており、多汗症のお悩みを改善する治療として最新のビューホット治療を積極的に行っております。
ワキやデリケートゾーン(陰部)部分に対してビューホット治療を行っているクリニックは福岡県内にも数件ありますが、手の平や足の裏の汗に対してビューホット治療を専門に行っているクリニックはほとんどありません。まずはお気軽にご相談下さい。

手の汗・足裏の汗チェック

診察・カウンセリングのご予約
レベル1 緊張や不安など意識しなければ汗ばむ事はない。
レベル2 手が湿っている程度。触ると汗ばんでいることが分かり、光の反射で手の平や足の裏が光る。
レベル3 手や足の裏に汗で水滴が出来る。また濡れている事が見た目で分かる。
レベル4 盛んに水滴が出来て、汗が大量に滴り落ちる。

汗の種類

手の平や足の裏など緊張する時に出る汗は、2種類の発汗作用から生じています。

温熱性発汗
温熱性発汗
私たち人間は恒温動物ですので、体が正常に機能し続けるためには、体の体温を一定に保つ必要があります。病気をした時やスポーツをしている時は体温が上昇してきますので、体温の上昇を抑え、正常な状態に戻すために体が熱を発散します。
この時の汗を「温熱性発汗」と言います。つまり体を冷やすために汗をかくのです。
精神性発汗
精神性発汗
人間は緊張や興奮をすることや精神的なプレッシャーなどによって汗をかきます。この時にかく汗を「精神性発汗」と呼びます。
手の平や足の裏に多く汗をかくと日常生活で支障をきたし、大きな精神的ストレスを感じやすくなります。
また、辛いものを食べた時や熱いものを食べた時にも汗をかくことがあります。これは「味覚性発汗」と言われています。

手足の汗を抑える様々な治療方法

人間の体は、夏の暑い日や長時間運動をした時など、体の体温が上がると全身から汗をかきます。この体温調節の機能以外にも、極度の緊張や不安が交感神経に作用する事で発汗を起こすこともあります。
手の平や足の裏も同じく汗をかくのですが、手の平から滴り落ちるほど多量の汗をかく人もいらっしゃいます。そのような人はワキと同じく、多汗症の一つ「手掌多汗症」の可能性が高いといえるでしょう。
手掌多汗症は、交感神経の影響として精神的不安や緊張が誘因となって引き起こされることが多いと言われています。
手汗や足裏汗などの多汗症は、体質や遺伝のように先天性ではなく、精神面などが深く関わっており、不安や緊張が交感神経を過敏にして発汗異常を起こします。

手足の汗を抑える様々な治療方法
手掌多汗症による手や足の汗を改善する為に緊張や不安が和らぐよう心掛け、必要な場合には精神安定剤などを処方してもらうのも良い方法かもしれません。
他にはボトックス注射を使った薬物療法やイオンフォレーシス法と呼ばれる電流療法もありますが、治療効果や治療の満足度には個人差があります。
確実や治療方法としては、交感神経を切除する手術がありますが、代償性発汗と言われる副作用が出やすいため、手術を行う場合は担当医師とよく話し合って治療を行う必要があります。

塩化アルミニウム療法

この治療は塩化アルミニウムという製剤を使用した治療です。
一般の薬局で売られている制汗剤の主成分としても使われており、アポクリン汗腺を閉塞させる事で発汗を抑制する作用があります。
しかし、その効果は一時的ですので、毎日使用するなど定期的に使用しなければなりません。塩化アルミニウムは医薬品ではなく、実験用として使用されていたので、塩化アルミニウムそのものを取り扱いしていない薬局も多いようですが、20%の濃度に薄めた塩化アルミニウム水溶液であれば販売されていることもあります。
日本皮膚科学会が作成した原発性局所多汗症診療ガイドラインでも手掌多汗症の治療に使うことが推薦されており、対処療法としてはおススメな方法です。

イオンフォレーシス療法

イオントフォレーシス療法とは、手の平や足の裏の部位をあらかじめ準備した水道水に浸し、そこの微弱な電流を流す方法です。
水に弱い電気を流して生じた水素イオンが、汗を出す細胞に作用する事で汗を抑えます。
主に手の平、足の裏が治療対象部位ですが、効果には個人差もあり、永久的な効果は有りません。

精神療法及び心理療法

精神療法は医師が行い、心理療法は心理療法士が中心となって行います。
精神的、心理的なストレスが原因で多汗症を引き起こしている人の場合、この心理療法を受けることにより症状を改善することができます。
また、自律神経訓練法というものもあり、交感神経と副交感神経の働きを正常な方向に持っていくことができます。自律神経が正常になることで多汗症を改善する事が期待できます。

抗コリン薬・アセチルコリン療法

汗は神経から出る神経伝達物質(アセチルコリン)と言われるものが、エクリン腺を刺激することで汗が出ます。抗コリン薬はアセチルコリンの放出を妨げる働きがありますので、多量に出る汗の量を減らす効果が期待できます。
ある程度の治療効果が期待できる事は分かっていますが、根本から治す治療ではありません。
また、かすみや口渇感、便秘、排尿量の減少、発疹といった副作用が出る事もあります。

ボトックス注射治療

この治療はワキの下に製剤を注入することで、エクリン汗腺の活動を抑制して汗の分泌を抑える治療方法です。
当院では、国内で唯一厚生労働省承認のアラガン社のボツリヌストキシン製剤を使用しています。
治療時間は約5分程度で腫れもほとんどありませんので、日常生活に制限はありません。
福岡博多駅前通中央クリニックのスタッフも治療経験者です。※効果の持続期間は個人差があります。

ETS交感神経遮断手術

この治療は胸部交感神経を遮断(切断)する手術です。手術を受ける事で気になる手汗は改善しますが、「代償性発汗」と言われる副作用が出る可能性が高い治療法です。
手術を受ける事で、手の汗は止まっても背中やお尻などの別の部位から大量の汗をかく為、逆にこの代償性発汗が気になってしまうケースが多く見受けられます。
その為、左右同時に手術するのではなく、左右の片側だけ手術を受け代償性発汗の程度をみる事をおすすめします。

当院でオススメしている治療方法

福岡博多駅前通中央クリニックでは、手の平・足の裏の多汗症としてビューホット治療をオススメしています。代償性発汗のリスクもほとんどなく、日帰りで行える治療です。

ビューホット治療

ビューホットで使用するチップ(細い針)から出る高周波は汗のもとであるエクリン腺の働きを抑制し余分な汗を抑え、匂いのもとであるアポクリン腺も熱で凝縮し、気になる臭いをシャットダウンさせます。
特許技術のクーリングプレートが、治療中の強い熱から大切な皮膚を守り、負担を最小限にします。

手の多汗症のビューホット治療前"

皮下浅層のエクリン腺からアポクリン腺まであらゆる層を広範囲に治療できるようになったため、従来より短時間で確実な治療が可能となりました。メスを使用しませんので、傷痕も残りません。

手の多汗症のビューホット治療後"

ビューホット治療の流れ

医師による症状の診察
医師による汗の症状確認
汗のチェック項目に合わせ症状の確認を行います。
症状や程度も個人差がありますので、問診をしっかりと行い、状態の確認をします。
次へ
完全個室にてカウンセリング
医師及びカウンセラーによるカウンセリング
担当医師や看護師より治療内容を図やカウンセリングシートを使用しながら、分かりやすくご説明を行います。当院は完全個室でのご対応となりますので、プライバシー厳守でお話しします。
次へ
治療の準備
ビューホット治療の準備
感染予防の為、手の平や足の裏など治療部位の消毒を行います。
治療範囲を再度医師と確認します。
リラックス麻酔またはブロック麻酔を行います。
麻酔後はしばらくベットで休んで頂いてからご帰宅となります。
次へ
治療後の説明
治療後の説明
担当看護師より治療後の注意事項やお薬などのご説明をします。
治療後は感染を防ぐために内服薬を服用頂きます。また、消毒も大切ですので、当院からの指示をお守りください。
次へ
治療後の経過について
治療後の症状
腫れや皮下出血が数日出ます。ビューホット治療はニードル(針)を使った治療ですので、治療部位全体に小さな針穴が出来ます。時間の経過と共に少しずつ目立たなくなってきますので、ご安心下さい。
治療後の数日はペンが持ちにくかったり、靴紐が結びにくいなど一時的な感覚低下の症状が出現します。
メールでの相談・カウンセリング予約
お電話での問い合わせ

所在地:福岡県福岡市博多区祇園町4−13 博多ゼネラルビル6階

患者様の声

来院前に抱えられていた患者様のお悩みです。同じような悩みを抱えていらしたら、一度ご相談にいらしてください。きっとあなたの力になれます。

  • 手汗のせいでなにをしても、なにを触ってもベタベタする

    わたしは、自分でも完全にわかるほどの多汗症です。手汗なんかでも、例えばパソコンを室内でやっている時なんかでも特に、暖房器具なんかを使ったりしてはいない時でも手汗をかなりかいてしまって、マウスがベタベタするのが自分でわかります。
    マウスに指の形がわかるような汗のあとがついていたりします。
    手汗がひどいとプライベートのデートなんかでも影響があって、手を繋いでいると手汗をかいてきてしまったり、最初から手汗をかいているので手を繋ぐのを自分からこばんだりと大変です。
    携帯触っていてもカバーがベタベタ、パソコンではマウスがベタベタ、手を繋いだりしてると汗かいたら手汗が恥ずかしい、汚れもつくのですごく困っています。

    (男性・30代)

  • 手汗が凄くてレジの支払いの時に気を遣います。

    私は緊張していても緊張してなくても常に手のひらに汗があります。緊張すると尚更ひどくなりますが、常に手のひらには汗を握ってる状態なので特にコンビニやスーパーでの支払いの時に金額を言われて焦ってお金を出すのが嫌なので、予め並んでる時に大体の金額を準備して出しておいているのですが、お札は汗でシワシワになるので出せません。小銭も手のひらで握るのではなく汗がつかないよう指先でつまむようにして揃えて持っています。寒い時期は手がかじかんで小銭を誤ってバラバラと落としてしまったこともあります。この手のひらの汗をなんとかしたいと思ったことは今まで数えきれません。本当に嫌ですし自分でも気持ち悪くて仕方がありません。

    (女性・30代)

  • 足の匂いが臭いのか汗の匂いが臭いのかわからない。

    足の裏がすごく汗をかくのって少数の人だけなのでしょうか?わたしの場合、例えば家の中でスリッパをはいたりしていると、そのスリッパ自体にも、ものすごく汗をかきます。スリッパの材質にもよるのですがスリッパに汗の匂いというか足の匂いというか、それらが染み込んでしまってとても不快な気持ちになります。外出していても、帰ってくると、靴下がしめっている状態なので、何とも言えない匂いだと自分でも分かります。なので、外食する時や友人の家にいったりする時でも本当は極力、靴をぬぎたくないというのが本音です。汗の匂いだけならいいのかもしれませんが足の匂いと一緒になると、当たり前ですがとてもいい気分になるものではありませんので、家でも外でも悩みます。

    (男性・30代)

  • 足の裏に汗をかきやすく、冬になるとブーツがとても臭くなる

    私は全体的に汗をかきやすいのですがとくに下半身と足の裏がすぐに汗をかいてしまいます。なので靴がすぐに臭ってしまいます。気をつけてファブリーズをかけたり対策をしているのですが、一日靴をはいて脱ぐと靴の中は湿っていてにおってしまいます。病院などでスリッパをかりてはいているだけで、脱いだ時はスリッパに汗がビチャッとしてしまいます。靴下をはいていても靴下も汗で湿った状態になっています。マッサージのお店に行きたくても、緊張したりしてもすぐに汗をかいてしまうので、人に触られたりしたら恥ずかしいのと申し訳ないので、ずっとマッサージのお店に一歩踏み出すことができないです。

    (女性・20代)

メールでの相談・カウンセリング予約
お電話での問い合わせ

所在地:福岡県福岡市博多区祇園町4−13 博多ゼネラルビル6階

PAGETOP